読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

six-9のブログ

サラリーマンのブログ。エロゲとかアニメとか。

二十分間耐久筆記 2015年2月22日

実に三年ぶりに二十分間耐久筆記に挑戦する。
三年!なんと恐ろしい。三年前、2012年の2月、俺はヒミズを見ていた。らしい。就職への漠然とした不安と何よりも実績のまるでない薄っぺらな人生経験に依拠した無根拠な自信。そう。あの頃、俺には自信があった。いない歴=年齢の童貞で、特に人に自慢できる経歴もなく、志望していた出版社からは軒並みお断りの連絡をもらっていたのにも関わらず。唯一、国際誌へ一報出したことがささやかな自慢だった。
東京!!東京へ出ればいろんな可能性があり、女の子と浴びるようにSEXできる!
まるで大学進学前の俺である。
結果、大したことはなかった。もちろん、田舎とは違って居酒屋とかバーとか違法風俗店とかに外人がふつーにいてカオスだし、そーゆー外人どもがやつらのハラールだったりする食材を売ってる店が各駅にあったり、レストランがあったりする。なんちゃっての仕事で英語だったり中国語だったりでどーでも良い事務的なメールや会話のやり取りをする。秋葉原にはけっこうまともな電気電子部材が転がってたりする。もちろん中古のエロゲーだったり同人誌だったりもだ。
だからどうだというのか。人間関係? やはり変わらない。職場と以前からの友人と。おしまい。妙なつながりの合コンみたいなイベント数合わせで何度か参加したが、どうにも続かない。基本的に受け身だから。あと気に食わない奴は気に食わないから。
書き出してから懐古と後悔しかないこの散文をどこに着地させればよいのか、迷う。
大切なことは、そう大切なことは三年前に抱えていた自信だ。今の俺には自信がない。これが全ての敗因だ、とおもう。何をやっても、誰と話しても卑屈になってしまう。
三年前の自信の根拠は何だったのだろう? 未来だ。無根拠な、明日の俺は今日の俺よりも凄くなってるはずだ、という思い込み。果たして、明日どころか三年も経ってしまって、凄くなるどころか矮小になり、学生時代に軽蔑していたダサいおっさん以外の何者でもなくなっている。絶望。
どうしてこうなったのか、という後悔と、将来への期待が持てないことによる無気力。俺はどこへゆけば良いのか? 何を目標とすればよいのか? 苦しい。息苦しい。以上、現状の分析。対策は無い。無いと思う。どこかにあったのだろか、対策が。