six-9のブログ

おっさんのブログ。エロゲとかアニメとか。

ぼくのかんがえたさいきょうのこんかつてくにっく

  

結婚を経験した人間の数だけ、「婚活必勝法」があるんだよ
(或る中年の小父さん)


この物語はフィクションです。
透かして見てくれるなよ。オレの人生を。

 

この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ

ママがほしい。理解してほしい。甘えさせてくれる上に家事を全てこなして夜はセックスさせてくれる。完璧超人の曜子ちゃんか、ミキミキと「一緒に、同じ時間を生きませんか?」したい。そういう気持ちは婚活戦士となる禊として捨てましょう。婚活というか、結婚とは滅私奉公です。俺が幸せになるんじゃない。俺がお前を幸せにするんだよ!

 

ゴールは結婚すること。幸せになろうと思うな。幸せにするんだぞ。そもそも、30歳を超えた女なんだから、これまでに婚約破棄とかされてる可能性は十分ある。「結婚する気がある」なんて言葉、死ぬほど聞き飽きてるはず。オタクくんが顔を真っ青にして一世一代の台詞を吐いても、「あーはいはい。いつもの台詞頂きました」くらいの気持ちだ。だから心を動かさずに茶番だと思ってとりあえず言っとけ。女だってバカじゃねーから法的効力のある婚姻届を提出して、わざわざ提出前にコピーしておいた婚姻届に婚約指輪載せてインスタに上げるまで安心しないぞ。
忘れてはいけないのは、どんな非モテ女でも告白されてる経験がある。なんなら、「キモいやつから告白されて最悪だった」という負の思い出として告白されたエピソードを所有している場合もある。俺の告白、そんなに嫌だったんだ。。。あの時、告白の返事をなかなかくれなかったのは、もう俺と喋りたくなかったからなんだろうな。
もちろん、30歳を超えた女は職場不倫で上司のチンポしゃぶったあとかもしれない。「なかなか良い出会いがなくてねー」ということは、そういうことだ。触れてやるな。散々高級なディナーやプレゼントをもらい、既婚者のセックステクで調教されて、フェラチオも随分お上手になっていることでしょう。
30歳を超えると、一緒に独身でいようと言った女友達が結婚したり子供運でマウント取ってくることもある。理解しろ。女の結婚への圧力は男の比じゃない。

 

女はデートに来るのに美容室行って服を新調してくる


女が30歳を超える年齢まで未婚なのは理由があるので覚悟しとけよ。

 

おひとりさま物語の46話を見ろ。*1

 

f:id:six-9:20210718031023p:plain

f:id:six-9:20210718031024p:plain

f:id:six-9:20210718031027p:plain

f:id:six-9:20210718031041p:plain

f:id:six-9:20210718031045p:plain

f:id:six-9:20210718031048p:plain

f:id:six-9:20210718031053p:plain

 

31歳OLさんのリリコさんは友人の紹介で一つ年上の堅物さんを紹介される。ちなみにリリコさんは半年前に彼氏と別れて、知り合いや同僚は全て結婚しているか彼氏持ち。堅物さんとは金曜夜に新橋で待ち合わせる。リリコさんはジャケットときれいめなワンピース。堅物さんは会社帰りのスーツ姿。そのまま店も決めず、居酒屋に入り、45分間話してリリコさんは帰ってしまう。

今の私には あんな奴がお似合いってことなのかな…

「かわいそうなリリコさーん」というふうに話は進む。これから先は皆さんでご一読いただきたい。

もちろん漫画なので、かなり脚色されていると思う。実際のリリコさんなら、友人の紹介の手前もあるし、とりあえず1時間以上は話して、用事があるから帰りますー的な(これはもう少し適当な言い訳があると思う)ことを言って帰ると思う。なんだかんだ言って、堅物さんの方が少し多めに支払うかもしれない。
どうでしょうか。堅物さんの皆さん。
それなりに楽しく話せたなー。リリコさんも笑っていたし、今度はどんなところにデートに行こうかなー
なんて思っている頃でしょう。
完全なボタンの掛け違いがあります。
個人的には、りりこさんのセリフ「今の<私>には、あんな奴がお似合いってことなのかな…」というセリフもなかなかひどいなーと思いますが。リリコさんは、結局の所、彼氏がほしい、結婚したい、という自分中心の見方なんですね。

ここでKYTの始まりです。みなさんはいくつ危険箇所を見つられますか?

そもそも堅物さんこと俺たちは、リリコさんのワンピース+ジャケットという服装の意味(ドレスコードのあるレストランに入るの大丈夫なようにジャケットを羽織ってきている)、ハイヒールで歩きにくいのに<私>に合わせて歩いてくれない*2、隣との距離も近く、騒がしい居酒屋では落ち着いてお話できませんね。もちろん、お話というのは、彼氏として恥ずかしくないかどうかのスペック確認と、リリコさんが気持ちよくお話できるかの実地検証です。リリコさんの意見を聞かずに店に入る、そもそも店を予約していない、メニューを見せてくれない、なんていうのも細かい点ですが減点ですね。<私>の気持ちを優先してくれないのでマイナス評価です。クチャラーとかホテル行こうなんていうのはおそらく作劇上の演出で、実際にありそうなところといえば、堅物さんはチビデブハゲ*3のどれか、もしくは三重苦のヘレン・ケラーで生理的にNGか、よれたスーツなどの清潔感評価のNGでしょう。

ということで、

 

 




少女漫画を読め。

 最低100冊。できれば200冊くらい。1シリーズ10巻くらいだから10から20シリーズ。今俺のアマゾンKindleマンガを見たら、だいたい100冊くらいだった。200冊は言い過ぎたかもしれん。と思ったけど、死ぬほど漫喫で読んだからやっぱり200冊くらいは読んでる気がする。

少女漫画は、ド定番の高校生学園モノ、大学生モノ(ハチクロとか)、社会人モノ(NANAとか、今日は仕事休みます)、そして三十路・四十路モノ(逃げ恥、タラレバ娘、Kissで連載してるなにか)、とりあえず片っ端から読んどけ。だいたい1シーズンに2, 3作はドラマ化されているから、その時ドラマやっている奴を読めば30巻くらいになる。重要なのは、もちろん、なんの取り柄もないヒロインの女を理由もなく好きになって告白してくる金持イケメンになることではない。ストーリーの背景に共通する教義に気づくことだ。男を選ぶ基準は、お金でもなく、顔でもなく、こんなワタシを心から愛して尽くしてくれる誠実さだよね。ということ。
ここで注意してほしいのは、お金と誠実さの順番。誠実さの証明のためにはお金でプレゼントを準備することが必要で、モノ(花やプレゼント)を通じてのみ誠実さは伝達されるということ。「大切にするよなんて、言葉は空虚だよ」みたいなセリフはいくらでも出てくると思う。
この欲求は女のちんこだと思って良い。ここをくすぐられるのが一番気持ちいいようだ。しかも、言葉はインスタにアップできないけど、素敵な花束はインスタ映えするからね。


服と靴と鞄は新品を買え、髪を切りに行け、コンタクトレンズを付けろ

コンタクトレンズは正直どうでも良いが、なんとなく気分で書いてみた。女はデートに来るために新品の服を着てくる。「買ったけど着てない服を、この機会に下ろそう」。これまでの俺たちの人生ではいっちょんわからん文章だったが、少女マンガ千本ノックを乗り越えた今ならわかるでしょう?
おしゃれだから好きになる、ということは婚活ではまず無い。逆に、不潔(俺からするとちゃんと洗濯もしたいつもの格好なのだが)とみなされるともうオシマイ。ゴキブリと一緒に歩くと消毒が必要だからね。仕方ない。新品の服を買っていくことは、「あなたのために金と時間をかけて準備しました」というメッセージにもなる。ほつれやよごれ、ホコリ、褪色などに非常に厳しい。そんなの、いちいち点検できないので、もうユニクロかGUかで揃えてしまえば良い。どうせ結婚したらユニクロかGUの服を着ることになるのだからなんの問題もない。意外と見落としがちなのが靴で、数回でも外出に使ってしまえば、どうしても汚れがつく。アウトドアなんかにいったら一発アウト。靴もデザインよりは汚れが問題なので、スーツ用の革靴をピッカピカに磨き上げて履くようにしておけば良い。それか、適当な革靴も3000円くらいで売ってるので、それを婚活用に買うのが早い。忘れてはいけないのは、女さんは今日のデートに来るために、新品の服を下ろすのと同時に、「どうせだったらあのハイヒールもおろしてみようかな」という状態になっていること。10足以上靴があるんだぞ。想像しておけ。そんな女に対して、
髪型もそうで、1ヶ月前に美容室で切った髪型より、前日に千円カットで切った髪型のほうが絶対に良い。どうやってもプロのカットからの時間がたつと不揃いさで清潔感が落ちてしまうので、とにかくプロの手が入った直後の状態で行ったほうが良い。なんなら前日に髪を切りに行ったことを伝えても良い。それだけ準備に時間をかけたアピールになる。あなたのために時間を使いましたよ、ということ。
ほら、少女漫画千本ノックでもあったでしょう? 無口で不器用な彼くんが何日もかけてブサイクなくまさんの人形をつくってくれたことが。


相手に話をさせろ

勘違いするなよ。「今日のデートは話が盛り上がったなー」なんて思う時は要注意だ。女が自動応答接待モード*4に入っているため、すでに女の脳内ではお断りされている。気持ちよくお話したいのは女であってオタクくんじゃない。オタクくんは女さんの会話の壁打ち相手になってあげて、とにかく女さんのこれまでの人生・選択、容姿を全肯定するすれば良い。つらかったねー、すごいねー、可愛いねー、素敵だねー、偉いねー、君は悪くないよ。どの台詞を選べば良いかわかんないときは、オウム返ししておけばリアクションをスキップできるからそうしろ。とにかく相手の目をみて口角上げておけば、オウム返しも「ワタシの話をしっかり聞いてくれてるんだ」という反応になるから大丈夫。間違っても、女になにか教えてあげようなんて考えるな。田中ロミオの最高傑作であるCross†Channelとその後の最果てのイマからRewriteに至る変節をヒロイン属性から説明する、なんて絶対にやめろ。たとえ相手が「ワタシ、エロゲーとかもやるんですよー」なんて言ってもだ。その先は道が無いぞ。だからその泉は近づいていっても逃げていくんだって言ってるだろ。逃げ水っていうんだ。知ってるか?


デートは「遊び」ではなく「任務」

どこにデートに行けばいいかわからない。そうだよね。だって、俺たち楽しい独身オタクくんは、酒を飲むか、映画に行くか、釣りに行くか、キャンプに行くか、なにか楽しいことを一緒にする仲間だもんね。この女ちゃんはどんなことが好きなのかなー? あ、趣味の欄に「映画」ってある。一緒に映画に行けばいいのかな?
はい、ダウト。女ちゃんは趣味を一緒にしてくれる人を求めて婚活しているわけではありません。一緒の趣味の男友達くんたちは別にちゃんといますし、なんなら趣味「映画」っていうのも前の彼くんが映画好きだったから付き合いでたくさん見せられただけだよ。
じゃあどうすればよいの? まあはじめの数回は一緒にお茶するだけでも良い。とにかく落ち着いて会話できて、きれいな場所。そのためにホテルのラウンジってあるんだね。コーヒー一杯のむだけで千円超えるって、ショバ代ってあるんだねえ。女ちゃんはパパとか家族とか彼ピッピとかおじさんとかと一緒に10代とか20代で死ぬほど来ているから慣れてる。大丈夫。慣れてねーのはテメーだけだよオタクくん。
とりあえず2回以上会えれば足切りラインは突破しているから、あとは一緒に生活していく上での障害が無いことを見せていく段階だ。じゃあ一緒に生活していくって何かって言うと、例えば親族の誕生日だからプレゼントを選んだり、一緒に実家に帰省したりすること。ここらへんで、旅行(まずは日帰りからだ)の威力が出てくる。ルート選定は妥当か、女の体力・トイレを考慮しているか(女は立ちションができねーらしいぞ)、途中の食事・休憩箇所を考慮・予約できるか、これらをテストされている。女が「私が予約しようか?」って聞いてくるけど、これYes/Noクエスチョンじゃねーからな。答えは「大丈夫だよ。俺がやっとくから」一択です。間違えないよう。
そんな感じなので、どこかに誘いたければ、「相手の用事につきあう」もしくは「自分の用事につきあってもらう(その御礼に食事をごちそうする)」という美しい流れを利用するわけ。例えば、食器が足りないから一緒にIKEAに行くとか、そういうこと。日本語って美しいですね。一緒に服を買うのは、女さんもいろいろ思うところがあるから、雑貨とかが丁度いいかも。もちろん、本当に必要なものである必要は無い。食器なんて小さいやつ選べば不燃ごみで捨てときゃいいし。


使えるスペックで殴れ

素敵な恋人になれますか? いいえ、オジサンと恋人になりたい女の子は居ません。とにかく、身長が高くて、大卒の学歴があって、定職(医者、弁護士、公務員や大手企業ならば間違いない)についていて借金がなくて、あと未婚で。ここらへんが満足されていれば、婚活対象としては大丈夫。そもそも上の条件のどれかが満足していないから、女の[彼くん]は[旦那さん]に昇格しなかったわけでしょう。女も「三十路行き遅れで血迷った」という事実を広められたくないから、何か一つでもマウント取れる要素があればそこだけ抜粋して女友だちに話す。「最近、婚活してて知り合った人、弁護士さんなんだー」みたいな。とにかく一点突破でいいから、スペックで勝てるところで勝負しろ。
5年前に婚活パーティーに出た時、男10人・女10人のオタク婚活だった。一人、髪が長くて、「婚活にスーツで来てやんのープププ」と思っていた男の左胸に輝くFの字の社章と、最後にちゃっかり女とマッチングして帰っていく後ろ姿を俺は今でも忘れない。なんで一人だけスーツで来てるのかと思ったら、あいつはアイツで本気で「戦い」に来ていたんだな。甘かったのは俺の方だった。

 

 

 

そもそも男は女からうっすら気持ち悪いと思われてる。だから夜に会うこと自体警戒感を持たれる。なるべく日のあるうちに会って、あと、大事なのは、女が家に帰りつくまで日が落ちない時間に帰らせること。女と別れる時間じゃねーからな。


なにか旅行などに行ったあとに会うときは、お土産を渡す。相手と会っていない間でも考えていたことを示す。本当に考えていなくてもいいので、とにかく渡すことが大事。ここでも、前までのデートで何を渡したらよいか、もしくは、何が嫌いで渡したら一発NGかを探るため、相手に死ぬほどこれまでの旅行経験とか好きなものの話をさせて情報を仕入れておくことが効いてくる。

 

絶対にイラつくな。不機嫌を一瞬でも出すとDV候補として見なされて一発レッドカード

 

少女漫画千本ノック。彼氏自慢できる要素をあげる。
格好悪くて不器用だけど私のことを一番に思ってくれてる彼くん、を目指せ
気持ちは通じない。クソ恥ずかしくて緊張して毎晩布団でわーっとなるけど、プレゼント買って褒めろ。茶番だぞ。ちゃんと演じろ。

 

サプライズは99%歓迎されない。ノープランはサプライズより悪い。どこに行くか事前に伝えろ。服・靴選び・化粧の具合、持ってく鞄と詰めてくモノの選択が変わるので、一週間前にはプランが決まってないと女からするとブチギレ案件になる。女はデートで遊んだりエンジョイするために来てるんじゃない。これから女としての人生をサポートしてくれることを確認しに来てるんだ。一緒にいて不都合がない男であることを示せ。そう、ここまでやっても、女からすれば「当たり前のことができる」だけなのだ。

 

 

最後に。

セックスしたら「上がり」。女のジョーカーであるセックスなので、その後は代償でかすぎて後戻りしたくなくなる。コンコルド効果。あとは放っておいても向こうからグイグイ来る

 

覚悟を決めろ。

 

*1:7巻に収録されている。無断転載で怒られたら消す

*2:おそらくここに、前の彼氏たちならゆっくり歩いてくれたなあ、なんていう気持ちもあるでしょう

*3:つらいですよね。

*4:キャバ嬢モードともいう

グリザイアの感想

ブログを書くのは三ヶ月ぶりのようです。

 

 

 

グリザイアの果実・迷宮・楽園

グリザイアのファントムトリガーをvol.7までやったので、TVアニメ版のグリザイアの果実→迷宮→楽園を見た。
TVアニメ版の果実のマキナルートは、こんなんだっけ?という感じ。やっぱりパン屋さんエンドまでちゃんとやってほしかった。尺の都合もあると思うが。

「一人十殺」ではなく「一人五永」で美浜の五人を救ったという回想が入るところ、麻子との約束、ここらへんは泣いたなあなどと思い出す。
あとは、しれっとマキナルートで麻子の墓参りするときにジョンの墓にも手を合わせているところとか、よく作られているなあ。

由美子ルートは、キャラデも然り、美浜学園の設立背景も然り、で、どう考えても正ヒロインまっしぐらなのに、蓋を開けて見れば雄二の過去とも関わらないし噛ませ犬ルート/ヒロインになるのを揶揄されている感じ。これは迷宮/楽園でいっそう明白になる。

とはいえ、アニメラストでは、雄二と由美子の二人の会話(釣りしているシーン)も入るし、たしかに美浜学園を象徴するキャラではある。

天音も幸もマキナも、全て雄二の過去とリンクして、そして、由美子を含めてその人生に死が濃密にまとわりついている。その彼女らをしても、雄二の凄絶な人生には言葉をなくす。

アニメ版「果実」のラストでオスロがちらっと出てくるのは、もとのゲームでもそうだったかなー。

ミチルの妊娠、それは学園の再生ともリンクしているように思う。いびつな形でヒロインそれぞれを核として家族を再生させようとしたのが、果実だし、果実のシナリオを下敷きにして、雄二を再生させようとしたのが迷宮/楽園。その最終出力として、ミチルが妊娠して、麻子の残した島で学園が存続する。なんとも感動的ではないか。

 

グリザイア:ファントムトリガー 

話は一転、ファントムトリガー。
vol.7まで来て、やはりハルトを再生する話であることがはっきりしてきた。かなり楽園を意識しているように思う。麻子が碧で、雄二がハルトだ。とはいえ、果実・迷宮・楽園がそれぞれ一本のゲームで、果実はマルチエンディングであるのに対して、ファントムトリガーは、vol.1から7まで、一本ずつの一本道ゲーム。(そういえば、vol.7の選択肢が3個くらいあったけど、シナリオ分岐あるのかな?)。果実→迷宮→楽園で実現したメタ的な救済は、やはりファントムトリガーでは得られない。さてどうするのかなあ、とは思う。オスロの代わりの安っぽいエニシさんも出てきた。やはり、ファントムトリガーは「正義」の話なんだと思う。そして、楽園が親子の話であるのに対して、ファントムトリガーは姉弟の話。そういえば、ハルトの親が遺伝子的にはイチルさんであるとは言え、試験管ベビーで美浜OBsに集団で育てられたというのも、「もう親の話はしないぞ」という意図なのか。

ファントムトリガーで思い出したけど、髪の色とキャラが合っていないという点には気づいていたんだけれど、これはなんだったんだろうな。果実・迷宮・楽園との差別化、っていう意図だけかな。「ムラサキ」がピンク色の髪なのは、さすがに意図的に過ぎるんだけど、やっぱり美浜OBs(由美子・天音・幸・みちる・マキナ)がハマり過ぎていたから、2Pキャラカラーでキャラデするしかなかったんだろうな。

ファントムトリガーのBGMが聞き覚えが合って、bacon eggs in the pan とか、dog days? とか、ちょこちょこ楽園と同じやつがある気がするんだけど、ファントムトリガーだけでも20時間以上プレイしているから、聞き覚えがあるだけじゃわからないか。

同じことが、果実・迷宮・楽園のアニメのBGM/主題歌にも言えて、「これ聞き覚えがあるからゲーム曲のアレンジかなー」と思っているんだけど、どうだったっけ。

死ぬほどスクリーンショットがあるんだけれど、どれを上げて良いのか迷う。

 

f:id:six-9:20180127151155j:plain

f:id:six-9:20170902231816j:plain

f:id:six-9:20170902134114j:plain

f:id:six-9:20170829230140j:plain

良い事言ってたり、ギャグもネタが濃くてわかると面白い。




 

最近見たアニメ 

あと最近、ちょこちょこ見たアニメ。どれも6話くらいまでだけど。

 

SSSS.DAYNAZENON

@anvalco がツイートしていたとおり、今回は「感情」を取り戻す話として読んだら面白そう。というか、普通にセリフのない短いカット?がパッと入ったりして格好良いし、ロボの見栄と合体も格好良いし、あと、怪獣優生思想の低温巨乳女がドチャシコだしで、なんにも考えなくても楽しい。

 

ゴジラS.P 

bonesで超格好良い。あとSF考証がしっかりしている(円城塔の名前補正かもしれない)ところも、論文探しているところとか、神野銘もユンもちゃんと大学出て論文出てるところとか、すげえ格好良い。OPもキャッチーで良いんだけど、ちゃんとアニメするEDもしっとりしていて楽しい。Netflixで見ていると、「クレジットを見る」を忘れると飛ばされちゃって残念。

 

vivy -fluorite eye's song-

ガッチガチのSFでキャラデも可愛くて曲もアガる感じで好き。AI(ロボット)の寿命が100年以上で、人間はすぐ死んじゃうっていう設定を利用して、2話で1つのお話をやって、10年とか5年とか時間をすっ飛ばすのがクール。最後まで読んでないけど人類補完機構シリーズみたい。

投薬治療、はじめ(再開?)ました

ここ二年ほど、ちょこちょことやっていたPythonプログラムが動いて、気分的に落ち着いている。

最近、米国大使館*1に行ったりして、わりと楽しくやっていた。その話もいつか書きたいと思う。


何をして生きているのか、と考える。

どう考えも去年の秋くらいから(@ki_ani)と会うようになって、面白かった本や映画の感想を交換するようになったからだと思うけれど、本が読めるようになった。仕事がそんなに忙しくなくなったせいもあるかもしれない。

 


最近読んだ本と見た映画

(これらから人間は構成されていると思うのだけれど、そう思わない人がいるようでときたま吃驚する)

 

新しく見たやつ 

 

見返したやつ

 

地方病(Wikipediaのやつ)も読み直した

ついでに、MUSICUS!も最後までプレイした。

f:id:six-9:20210127001015p:plain

Musicus_絶望.png というファイル名で保存されていた。この上なく滑稽で、それでも一生懸命で、どうしようもなく哀しい人たちが身を寄せ合ったり傷つけ合ったりするのが、それを見せつけられるのが、なんというか、真に迫った感じがした。

 

 

アニメはどうなんだっていうと、言われてみるとほとんど記憶にない。意地で神様になった日を見たくらい。ひぐらしのなく頃に業とかも、面白いみたいだけど、記憶がなくて何やってんだかさっぱりわからない。

 

年始に精密検査を受けて、ちょっとした病気が見つかりました。お医者さんいわく、「いわゆる寛解と呼ばれる状態まで戻る人は半分くらいですね」とのこと。ということで、お薬飲んで暮らしてます。毎月、採血して検査しながら。

 

やっぱり、中年になると体に問題が見つかるものですね。

*1:赤坂のアクセンチュアのビルのすぐ横にある

*2:初めて小林源文を読んだ。地図と見比べながら読むとハチャメチャ面白かった。同時期に「文化がヒトを進化させた」と「銃・病源菌・鉄」を読んでいたから、地政学というか、山とか川とかに意味があるのだなあとつくづく思った

*3:画面が常にPCからで、Facebookとかで失踪した娘を探すやつ。韓国系の家族のSan Franciscoが舞台

*4:本当に何回読んでも面白い。面壁計画の進行と羅輯がなんだかんだいって人類を救ってしまうあたりとか、読まされる

*5:Amazonで全巻揃って50円だった

神様になった日 雑感 ゼロ年代エロゲーシナリオの亡霊

 とりあえずアニメ見て、他の人の感想見たので自分も思ったことを記録しておきたかったので。神様になった日、手放しで褒める人がなかなか居ない。

神様になった日、数少ない麻枝の作品だから楽しみにして見た。正直、飯食いながらとか、作業しながらとかのながら見だったので、そんなに自信もって感想かけないし、なんならどんな話だったかもあまり覚えていないのだけど。
かなり低評価で、それももっともで、俺も8, 9話くらいのとき、こんなんで本当にカタルシスあるのかなー、と思っていたけど、そのとおり、あんまりパッとしない終わり方だなあ、と思った。

 

f:id:six-9:20170819111827j:plain

[写真と本文は関係ありません]


俺がプレイしたことがあるのはAirリトルバスターズ!くらいで、*1KanonCLANNAD京アニのアニメを見たくらい。Angel Beats!Charlotteは見た。
Angel Beats!の時もCharlotteのときも、結構楽しく見させてもらったと思う。死んだ世界戦線の方がAngel Beats!で、なんかよくわからない特殊能力モノで時間を巻き戻すだか、時間を止めるだかで妹を救う救わないみたいな話がCharlotteだった気がする。天使ちゃんがAngel Beats!で、Charlotteがクソ生意気なわからせメスガキがヒロインだったやつな。Summer Pocketsもやってないのか。
ストーリーリストを見直してみる。*2 

  1. 第一話 降臨の日
  2. 第二話 調べの日
  3. 第三話 天使が堕ちる日
  4. 第四話 闘牌の日
  5. 第五話 大魔法の日
  6. 第六話 祭の日
  7. 第七話 映画撮影の日
  8. 第八話 海を見にいく日
  9. 第九話 神殺しの日
  10. 第十話 過ぎ去る日
  11. 第十一話 遊戯の日
  12. 第十二話 きみが選ぶ日

神様になった日 - Wikipedia

 


結構泣かせにきてるストーリーだったのが、第五話大魔法の日で伊座並家の問題を解決するところと、第八話 海を見にいく日でひなの病気が判明し、ひなの父の苦悩と、陽太の将来を暗示される。第九話 神殺しの日以降は、ひなの能力が奪われ、ひなとの日々を取り戻すために陽太が奮闘する。
泣かせに来ていない話としては、第二話、第三話、第四話、第六話、第七話。全12話中、半分の6話がこんな感じだった。(第一話はストーリーの導入であり、特別なのでこの中には含めなかった))
他の人たちも言及していたが、どうにもバランスが悪い。半分近く、そして、泣かせに来ている上の話の中でも、第10話とかは半分近く日常描写だった。日常描写も、「バカ騒ぎ」するような内容。
ふざけている場面ばっかりで、急にシリアスをやられても、ついていけないという気持ちになった。
確かに、麻枝が重病をおしてまで作った作品がこんなもので残念だ、という気持ちにもなる。*3
脚本以外はハイクオリティで、映像、背景、音楽どれをとっても良かった。第一話のOPを見た時は、「どんなにすごい作品になるんだろう」というワクワク感が止まらなかった。
2010年代だったら受け入れられたと思うが、2020年を生きる俺にとっては、たしかに味わいが足りないと思ってしまった。国崎往人もそんなにいい人間だったかと言われるとそうでもねーだろ。
多分、神様になった日を分析するのに一番近いのは、同じアニメでもありナイーブな少年が主人公だったAngel Beats!Charlotteだとは思うのだけど、いまいち話を思い出せない。同じナイーブな主人公である理樹が近いか。ひなと陽太が病院で同じ時を過ごすというストーリー展開は、リトルバスターズ!で理樹と鈴が二人で逃げるあたりを思い出した。
「主人公」は陽太であり、ひなはヒロインである。極端な話、ひながバラバラに解体されて世界のための生贄になっても、それが陽太の成長や回復につながるのであれば許容される、それがゼロ年代の共通認識だったはずだ。事実、綾波は自爆し、ちせは家になり、そして観鈴ちんはゴールした。その点から見ると、ひながチップを外されて、ロゴス症候群により知力・体力が減退して入院生活するようになっても、それが陽太にとって意味があれば物語的に要請されてしかるべきだ。*4確かに陽太は、思慮の足りないクソガキだし、ひなが入院している中ですべてを忘れて鈴木と学生生活を満喫する。ここらへんはかなりイライラした。ただ、イリヤ(UFOの空のほう)でも浅羽はイリヤがレイプされそうになってる横で拾ったエロ本でマスかいてた。確かに陽太はクズで、見ていて共感性羞恥を誘う。それは、おそらくAirリトルバスターズ!をプレイしていたときも、主観で行われていた行為なのだ。それを、2020年にアニメという客観性の強い媒体で使用したので、このような違和感に通じたのだと思う。同じ描写も、エロゲーだったら多分違和感なく受け入れていたと思うんだよなあ。ヒロインが入院して、それをどうしようもないけれども、何かしようとして余計状況を悪化させる、なんて、いかにもエロゲーのシナリオにありそうじゃないか。

陽太は、打ち込んでいたバスケットボールを怪我で諦め、かといって他に目的もなく漫然と学生生活を送っていた*5。陽太は、ひなと出会ったことで、ひなとともに生きるという目的を付与されて、改めて生き直すことができるようになった。主人公の復帰のためにひなが犠牲になる形は、いかにもセカイ系らしい。そしてこういう展開は大好き。

 

ひなは陽太の所有物ではない。

神様になった日感想 - change direction 

この感想はそのとおりで、俺も視聴時に全く同じ気持ちを抱いた。このツイートをきっかけに、神様になった日を、そのままの気持ちで見るのではなく、「これが2000年代のエロゲーだったら?」という気持ちで見ることができ、そう考えると結構おもしろい話ナノではないかと思った。世界のためにひながチップを抜かれるのも、そしてその説明がばっさりと削ぎ落とされているのも、ゼロ年代セカイ系としては特に違和感無い設定だと思う。

 

最後に、この感想がバチクソハマったので引用させてください。

いずれにせよ本質的であるのは、あらゆる世界の理不尽(に虚構の意味を与える作用)=神話的暴力は、想い出(による現在の生の担保)=神的暴力をもってして対抗することができるということである。

『神様になった日』感想|にょろ|note

 

上のblogとかnoteとか、勝手に引用させてもらったので、不都合などあったら消します。

*1:Rewriteは麻枝じゃないから除く

*2:Wikipediaにストーリー概要まであって重宝した。

*3:wikipediaみて知った

*4:ロゴス症候群という病名も、「世界」からの要請で知能を奪われ、真理から遠ざけられるひなの状況をあらわしている。ロゴス症候群って、実在するのかな? と思ってググったけど、やっぱり架空だった。

*5:ここらへん、まんま岡崎朋也

Selenium始めてみたら早速ハマった

最近流行りのDXとか言うものに乗じて見ようと思い、一昨年2019年4月ごろからPythonをはじめている。退屈なことはPythonにやらせよう、を読んだりしたり。

 

f:id:six-9:20180421140049j:plain

大阪か京都の神社。たくさん人が居た。[本文とは関係無いです]

 

社内システムの事務処理の自動化にSeleniumというものが適用できそうなので、試してみたらハマった。

 

よくわからないが、pipでchromedriverをインストールしたのだが、そもそもPATHが通っていないらしく、手動でchromeとchromedriverのPATHを登録。

その後もよくわからないエラーで、importしただけでエラーが出る。

 

>>> from selenium import webdriver
Traceback (most recent call last):
File "<pyshell#0>", line 1, in <module>
from selenium import webdriver
File "C:/Python37/TestPrograms/WebScrayping\selenium.py", line 7, in <module>
driver = chromedriver_binary.Chrome()
AttributeError: module 'chromedriver_binary' has no attribute 'Chrome'

 

さっぱりわからなかったが、エラーメッセージでGoogleしていると、以下のサイトが引っかかった。

select/optionの使い方(まで到達しなかった話) - kb84tkhrのブログ (hatenablog.com)

 

もうさっぱりわからんと思いながら、やっと赤字のエラーを読んでいくと、実行しているファイル名とはぜんぜん違う[selenium.py]という文字が目に入った。

よくよく実行フォルダ内を見直してみると、たしかにそんなファイルが有る。どうやら、chromedriverで使用しているファイル?と同名のファイルがあると今回のような症状が出る模様。問題のファイル名を変更したら、無事に動作しました。

 

 

 

ITリテラシーの無いオッサンが興味本位ではじめてみるもんじゃないのはわかるのだけど、なかなか難しい。

2020/04/30 空虚。エヴァQとか俺ガイルアンソロジーとか。

いつのまにかブログを更新しなさすぎて広告がトップに出ていました。

人間やめてます。絶賛。

 

エヴァQ

エヴァンゲリオン新劇場版がウェブで見れるので見てた。やっぱりQのヴンダー発進あたりが格好良い。トップをねらえ!2っぽくないっすか。雰囲気が。北上さんとかいうピンク髪のオペレータがチョーシこいてるところとか、ミサトが初めてサングラス外してシンジを見てすぐにドアが閉まって見えなくなるところとか、シンジが「僕を初号機に乗せてください。アスカと一緒に戦わせてください」とか言っているときにピンク髪の北上がいやそーなかおしているのを見せる辺りとか。

 

俺ガイルアンソロジー

俺ガイルのアンソロジー、気づいたら四巻まで出てました。石川博品田中ロミオにつられてちゃっかり買ってみた。石川博品の「たとえばぼくたちの青春ラブコメがまちがっていたとしても」はガチで読まされた。2011年に出版された俺ガイルが2019年に14巻で完結するまで、作中のはちまんやゆきのんといった主人公たちの時間と、この短編の主人公たる杉本圭介の時間が、非同期で進んでゆく。はちまんが二年間かけて進めた物語、そのファンである杉本圭介は、当然ながら、僕たち読者がそうであるように、高校一年生から八年間かけて、大学、そして会社員へと生活を変える。八幡の不器用なひたむきさに、同じ高校生のときは勇気づけられ、そして、会社員となった今では、憧憬すら覚える。

完全なアンソロジーであり、何よりも小説という作品を愛する石川博品らしい素晴らしい作品だった。

 

www.amazon.co.jp

 

王雀孫の「やはり、船頭の多い船は山に登る」は、奇をてらった快作で大いに笑った。あとがきにも記載の通り、作中作で遊ぶ形式のため、他の作家にも書いてもらっていたようだ。

 

さがら総の「十年後の八幡へ」も、社会人になった材木座や戸塚の鬱屈をポップな文体で描き出している。読ませる作品だ。石川博品も短編で触れていたが、俺ガイルは、文化祭や体育祭など、準備モノ=社畜モノが多く、実際に社畜になった10年後のキャラクターたちを描写するというストーリーラインが良く合う。

 

 

空虚

閑話。

人生は続いていて、いろいろと私生活でトラブったりもしているのですが、なんとか生きています。嫌なこと、トラブルに常に心を痛めながら生きてきた、そんな気がしています。思えば、今まで物心ついてから、嫌なこと、きがかりなことばかり、気にしてもしょうがないことばかりに怯えながら時間を過ごしていたように記憶しています。きっとこれからもそうなんだろうな。最悪。

 

少しでも誇れる自分でありたいですが、なかなかそうも行きませんね。
俺ガイルのアンソロジーを読んで、びっくりするくらい、いろんな作家さんが「書くこと」に触れているのを読んで、このブログの存在を思い出しました。
リアルで大変なことが起こると、たしかにブログなんて空虚なものに感じられます。*1。そのとおりだと思うし、最近は、TwitterFGOも、同じように時間だけが吸い取られて何にもならないので、敬遠気味です。だからといって、何をするでもなく。
気が向いて英語の勉強を初めてみましたが、中年になって一生懸命英単語を覚えたり、英会話の練習*2していたり、何やってんだろう、って感じ。
あーあ。
積んだままになってるmusicus!やりたいな。

f:id:six-9:20190317093312j:plain

スマガ、良かったよね。

 

あまりにも金が無くて、クラウドワークスとかいう小銭稼ぎサイトに登録して商品レビューなんかを書いてみたけれど、二時間かけて1500文字くらい書いて、70円もらえました。なんじゃそりゃ。お金をもらうって厳しいなあ。

*1:これは東日本大震災の時の先輩の言葉

*2:Bizmatesはじめました。オンライン英会話ってやつ

空の青さを知る人よ。JOKER。虚無。2019.11.12


f:id:six-9:20191112091721j:image
人間に戻った。
JOKERを観た。空の青さを知る人よ。を観た。


JOKER

階段(有名なやつ)の昇り降りでアーサーの状態を表現。とぼとぼと登るだけだったアーサーが、母親を殺して階段を降りる。刑事を振り切って。この対比は印象的だった。地下鉄とバスにも何回か乗っており、それぞれについても意味がありそう。陰鬱な映像とコミカルな音楽のコントラストが時計じかけのオレンジとか2001年宇宙の旅みたいだった。


空の青さを知る人よ。

すべての31歳は観るべき。
18歳の頃の閉塞感と万能感。閉塞感は秩父という盆地とシンノの閉じ込められるお堂に象徴される。
18歳の決断と後悔に縛られる31歳のあかね
18歳の拒絶と後悔に怯える31歳のしんのすけ
あかねとしんのすけ秩父での再開から最悪で(ビジネスホテルでのしんのすけの「もったいぶってんじゃねーよそんな歳でもないんだし」発言)、その溝は、音楽ステージ設営の裏で空の青さを知る人よ。を弾いて、そしてなけなしの勇気で告白したしんのすけをあかねが(これも勇気の無さから)拒絶することで決定的になる。
しかし、その後、お堂での告白を経たあおいからシンノへ、そして崩れたトンネルでの告白によりシンノからあかねへ、最後に、あかねの車中であかねからしんのすけへ、それぞれ肯定のバトンが受け渡される。18歳のあおいの無謀な若さ強さによって、あかねとしんのすけが再び肯定されて生き直す。
その結果としてシンノは触媒としての働きを全うして消える。
良くできた中年再生ストーリー。
そうだよね。私、まだまだこれからだもん。あかね。


f:id:six-9:20191112091617j:image

 

 

 

虚無。2019.11.12

現実世界の方でいろいろと有り、それはそれで生きているのだから仕方ないのだけれど、やはり現実はメチャクチャに来るし、現実の圧迫感の前ではインターネットやフィクションの脆さというか空疎さを感じてしばらく離れてしまった。
3.11以降、本を読めなくなったとえるさんが言っていたが、その時の感じはこんなふうなのだろうか。
人間は「適応」するとP.DOLANも書いていたし、そのとおりで2ヶ月から3か月ほど経てばまたフィクションを楽しめるようになった。しかし、どうにも「それ以前」に感じていた楽しさとか興奮みたいなものを喪失している。どうでも良い。どうせいつかは死ぬ。
あっという間に年末。毎年、毎月一つ以上はブログを上げようと思っているのだけれど、そして4月くらいまでは実践できるのだけど、後半が難しい。1年間は終わってみれば短い。少しずつだけれど、歳を取り、老いてゆく。
子供が大人になる20年と介護で看取る20年が同じ長さというのは、なかなかにしんどいものがあるなあ。

眼球のおもてに映る蛍光灯臥す母の眼の開く毎灯る
(第四十八回 全国短歌大会 佐久間敬喜)