読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

six-9のブログ

サラリーマンのブログ。エロゲとかアニメとか。

ヒミズ感想(ネタバレ有り)-背中をぶっ叩かれるような激励

メモ 映画

screenshot
http://himizu.gaga.ne.jp/


感動した.
「住田ガンバレ!」
ラストシーンで,住田が川から出てきたシーンは感動したし,最後に二人で走ってゆくのも良かった.


映像に関しては,「冷たい熱帯魚」でもそうだったように,圧倒される.
暴力描写に裏付けられた強い「生」へのメッセージ.
3.11後の石巻市のカットも,圧倒的な現実感,というか,ままならない人生というものを象徴していて,涙が出る.
そう.瓦礫となった街を見たときに,自然と涙が溢れる.
そういったものは,少なくとも僕は震災後の仙台港周辺を通ったときに経験したし,共感する人もいるだろう.


ストーリーに関しては,ドストエフスキーの「罪と罰」が強く想起されるものだった.
父親殺しに悩む主人公.主人公は自信家で,人とは違う,と思っている.
しかも,父親を殺すときに,一回ブロックを落としてからまた拾う,なんてことも「罪と罰」に忠実だった.
最後には,少女(処女)へ懺悔し,少女の導きによって自首し,罪を償うことを決意する.
作品が悪いわけではないが,「罪と罰」の印象が強すぎて,ストーリーのインパクトが薄れてしまったように思う.


とにかく,暴力描写に富んだ作品であるにも関わらず,いや,そのせいかもしれないが,鑑賞後には何かに急かされるような,衝動的かつポジティブな気持ちになった.背中を押される,というよりは背中をぶっ叩かれるような激励を感じた.
興味のある人は是非見てください.